ブログ アーカイブ

これ何?

Lot410      洋桜6銭ル 使用済

0410a

【しっかりとした裏付けを持っています。今回の物を除いて現存数は2枚で、共に私が見つけました。今回売れたなら、どこかで総括の記事を書きましょう。】

Lot1053 月に雁 紫櫛型YOKOHAMA27.8.51 極美印

1053a

【綺麗すぎるのですが、物は本物です。同じ雰囲気の物が立山航空の0付の⓾正位で弊社のオークションに出た際に、思い込みの激しい人が『偽消しだ』で会場で大騒ぎしたのです。でも、連れが結構あって、しっかりしたカバーが残っているのです。弊社の去年のJAPEXセール・第204回のLot223 観光長崎8円貼APOメール 紫櫛YOKOHAMA29.10.51もそうです。ルックスは今一だけれど印顆は一緒です。だから知っている人は知っています。欧文櫛型から三日月印への切り替え期のYOKOHAMAでの限られた期間の使用です。1951年7月頃~だと思います。0付立山、十和田、観光、文化人あたりに見られます。今回の月に雁は郵趣家が出したヨーロッパ宛の航空便の混貼から剥がされた物でしょう。さあ、何時ものお二人さん、心置きなく競って貰いたいと思います。月に雁とすれば後使いですが、専門収集ならば買わない理由になりません。ルックスに惚れて、それ以上にもしお持ちでなければ買わざるを得ないのです。お値段は気分次第として置きましょう。】

Lot1535 菊2銭 特異型年2字SEOUL (逆向き)17.FEB.06

1535a

【異様な姿ですが、物は本物だと思います。SEOUL局での年号2字~櫛型への切り替え期の印顆です。見つかっている日付も集中しているし、二ケタ以上で複数の出所で出て来ているのが、圧倒的に菊2銭、稀に1銭ということから、印刷物の帯封の消印だと思うのです。エンタの出現を待ちましょう。でも、消印の本には何故か未採録なのが不思議です。】

Lot1796 旧毛1.5銭貼カット 青ロールPAQUEBOT/NAGASAKI NIPPON

1796a

【何とも扱いにくい物なのです。100%駄目だと思えばオークション誌には掲載致しません。「as is 最低値1000円」はオークショニアのメッセージなのですが、自信のある人は買う価値は有ると思います】

Lot1984 産業2円⓾銘付10B 透かし殆ど見えず

1984-a

【出何処が産業図案のトップコレクターのコレクションです。ベンジンで透かしを調べても本当に見えにくいのです。でも銘版からして産業図案なのは確かです。】

目から鱗

Lot1148 支那字菊4銭 穿孔D&CO LTD

1148

【昨年の時点では、新発見の穿孔でした。でも連続してのご出品で今回で3枚目、お二人から出て来ているので、E-Bayが出所でしょうか?あと何枚有るのかな。】

Lot1571 和桜1銭26版見本印刷 目打9s

1571

【手彫専門カタログに明記されています。目打は11sx9sのみです。4周9sは私も初めて見たのですが、マージンは十分だし厭らしさは全く感じません1枚有るという事はもっとあるはずです。真剣に9sを探さないといけません。】

Lot1818 竜100文4枚貼西京発東京宛 壬申7月17日 黒潰し消し

1818

【黒潰しでよく見るのは、大阪・堺・八尾などです。西京で有るとは思ってもみませんでした。見たところ作った偽物とは思えません。価値が上がったとは思えないのです。初めて出たからと言って頭ごなしに否定するのでなく、物を生かすことを考えるならば、可能性が見つかるのです。西京検査済の完全印と頭消の不完全印の使用期間には空白期が有るのです。オークション誌に書いた書いた日付は、消印とエンタイヤ・京都大会記念誌が出所です。詰めればもっと空白期間が埋まっているかも知れません。オークショニアは、性善説で物を生かすことを狙います。榎さんがご健在なら躊躇なく買ってくれたと思います。】

Lot1995 新毛コイル10連 2番目のみ”花弁正常”

1995a

【単独の花弁正常はそこそこ有ると思います。ペアの相場が10万++なのですが、10連ならば幾らになるのかな?】

Lot2358 旧小判2銭紫無地紙 11N

2358a

【まともに書けば相当な紙数が要るのです。目打の11Nは問題ないと思います。木綿では複数枚見つかっているのですが、無地ならば初めてかも知れません。物を見て納得できる人に買って欲しいのです。KG四日市かな?幸か不幸かこの消印ならば高くはなりません。無地と木綿で悩むのは8銭の12.5の場合もそうなのですが、原料も時期も同じなので、見た感じで判断するしかないのです。私の場合でも、1000枚有れば数枚はエイやで決めてしまいます。まさにその日の気分で違う分類も有り得ます。鑑定云々は野暮の極みです。ご自分で基準を決められる人しか買ってはいけません。このケースに於いては、人に意見を求めるのはご法度だと思います。】

Lot2602 房1銭ペア貼 ツ1号(直径20㎜)=異常な小型サイズの記番印

2602a

【明らかに普通の記番とはサイズが違います。不統一かと思ったのですが、日付け的には、もろに記番時代です。二重丸印より小さい記番印が有るのでしょうか。摂河泉の大家のご意見はどうでしょうか。】

 

日付のデータと文献の記載ミス

Lot191 上海日本領事館宛 中継2字KOBE 10.AUG.94 日清戦争宣戦布告後上海局閉鎖直前使用例

191

年号2字の初期使用はさて置いて、日清戦争での上海局の閉鎖時期と絡むのです。94年8月16日が境目です。コレスポンデンスとして一連の出品物を見れば、この日付でも届いているはずですが、着印が無いので証明できません。買った人が上手に料理すれば生きてくると思います。

Lot328 櫛型和田岬司令部内39.2.15

328a

328b

日露戦時の臨時局で局の等級は2等です。郵便消印百科事典519頁の記載はいただけません。この局は開局が39年2月3日なので、丸一は無いのです。序でに書くならば、大阪停車場内の消印を丸二・櫛型としているのも間違いです。2等局で、38年12月21日の開局なら、38年中は確かに丸二のはずですが、実際は39年に入っても丸一を使っていたのです。菊と丸一に執着していた人が2人いて、絶対に探せと頼まれていたのです。竹内満寿蔵さんと塩見和彦さんにでした。何とか2枚見つけてオークションに出したのですが、お二人のコレクションに間に合ったかどうかは何故か覚えていないのです。5局の内、宇品碇泊場内、大里(だいり)検疫所内、和田岬検疫所内は、各2種類の消印共に比較的容易く見つかります。大阪停車場内と和田岬司令部内は一ケタ少ないと思います。

Lot519 〇SA/T 京都三條不足印

519a519b

日本郵便印ハンドブック243頁に、三宮として載っていますが間違いです。山崎君がミスるのは何時もの事でご愛敬で済むのですが、日本郵趣協会のそれはいけません。決定的な論文が出ているのです。【澤護先生】が如何に知識と鋭い洞察力をお持ちだっかかが判ります。確か、スタンプレーダーだったような気がします。〇SA/Tを三宮でなく、京都三條だと証明してくれています。奈良発、KIOTO・YOKOHAMA経由ドイツなので、神戸は絶対に通りません。それ以上にSAを三條だと見抜かれた慧眼には脱帽です。改めて読み返す価値が有る論文です。山崎君の「郵趣反故集」に載っていますので見ておいて下さい。

Lot877 ロールTOKIO NIPPON 19.8.35

877

日本郵便印ハンドブックの229頁の記載、TOKIO NIPPONが1~2点の確認、云々はどうかと思いますが、実際に少ないことは確かです。一見して見覚えが無い姿でした。単片の欧文ローラーででデータ完読、それだけでも貴重です。なぜ少ないのか解明できれば、更に出世できるでしょう。

Lot2182 林式櫛型京城7.1.1

2182

日本郵便印ハンドブックも、郵便消印百科事典共に、京城の林式は9年からとしています。そのこと自体はミスでは有りません。いままで見つかっていなかったからでしょう。今回の物はどう見ても【林式】そのものです。書き込みからも7年で間違いありません。それ以上に、国内の林式が7年からなので、2年更新の最初期データと見て大丈夫だと思います。でも、でもここらあたりなら、熱心な表に出ないコレクターなら既にお持ちかと思うのですが。

中国と宛先と

Lot221      受領証書に朱縦書第七野戦郵便為替章

221

文献に発表はされています。非郵便なのでまとまって有っても不思議は無いのですが、これ以上は出て来ないかと思います。

Lot1322 香港宛航空印刷物5円+7円 吉野熊野10円他貼

1322

ポイントは香港宛の航空便の料金です。セールに於いての結果とすれば、国立公園コレクターのお眼鏡に叶うかどうかです。吉野熊野の10円は最高に悩ましい物なのです。

Lot1827 長春支局時代のゴム黒櫛型CHANGCHUN-S 30.10.07

1827

遠目で見た雰囲気なのですが、瞬間、KUAN CHENG TZUかと思いました。消印の色と押し方に特徴が有るのです。正確に11日間だけの使用例です。知っていて、狙って探していた時も有ったのです。もしかして、数年前のINTER ASIAで売られた、吉川洋先生のロットの中の1通かな。KUAN CHENG TZUとセットで入っていて、随分と良い値段で落ちてました。これ以上の思い出話は、セールが終わって、その気になれば書きましょう。

Lot1855 満州3次普通1分貼 櫛型張北 蒙彊・察哈爾省

1855

私では評価できない使用例です。中国本土の人が100万超の強烈なビッドを入れて来たのですが、それは一昔前の大嵐でした。日本勢で踏める人は居るのかな。

Lot1939 AOPU豪宛船便 富士桜30円に3次R5円ペア貼

1939

AOPUの葉書よりは、絶対に少ないと思います。日本葉書の外信使用のコレクターとして世界一のアイホン君は一体どの位で入れてくるのでしょうか。

検閲封緘紙と検閲印

Lot545  香港検閲 白地に朱検閲済封緘紙

545a545b

Lot1849 朝鮮総督府逓信局検閲済封緘紙

1849

Lot2172 逓信省検閲関係2次昭和貼カバー13通・新楠公2銭1枚

2172

ピックアップの3ロット以外にも色んなものが、かなり散らばって出ています。Lot2172は、受取人は同じなのですが、差出人はまちまちです。今ケースに於いては検閲の番号違いが大事なので、コレスポンデンスで無い方が良いでしょう。大阪と北海道は中々に面白い地域です。何故か結構その辺りが多いのです。

越後国不統一印

Lot768 旧小2銭狸貼 ◎川浦・・・

768

Lot829 旧小2銭狸 〇田嶋

829

Lot978 房2銭貼カット 〇湯元検査・・・

978

Lot1121 旧小2銭狸 ◎越後国三郎丸驛・・・

1121

Lot2597 洋桜10銭貼書留 〇峰岡

2597

〇田嶋は越後かどうか判りません。他の国でも同じ名前の局が有りますから。洋桜10銭の峰岡は、越後の人にすれば、書留で無くても良いのですが・・・かな。

最後にとびっきりの物をお見せいたしましょう。知る人ぞ知る名品が、on saleになるのです。8月の最終日曜日、場所はパシフィコ・ヨコハマ、勿論セールのラストロットになるでしょう。

9999

手紙が重要

Lot1693 旧毛3銭貼 櫛型青島11.12.10前9-12 山東省撤退日

1693a

1693b1693c

Lot1832 大震災時電報頼信紙

1832a

1832b

Lot1901 1昭2銭、10銭、20銭貼審判書類

1901a

1901b1901c1901d1901e1901f

Lot2508 1昭2銭、2昭10銭、17銭貼書留速達山型封筒

2508a

2508b

2508c

2508d

何れも中身がミソなのです。売り手の手前味噌でなく、私が見ても十分にその価値が判ります。モロに郵便史マテリアルなので資料を生かせる人が買ってくれることを望みます。

ご希望によりコピーのリクエストにも対応致します。でも、ここで載せていますので本来はそれで十分だと思えるのですが。

鉄郵印と船内印

Lot41  菊青枠 丸一鉄道郵便二八水打狗間

0041

Lot376 旧毛1.5銭貼 櫛型AFRICA-MARU

0376

Lot1662 菊青枠 丸一鉄道郵便基隆台北間

1662

Lot1810 菊青枠 丸一舩内郵便徳山門司間

1810

Lot1811 薄墨連合往復両面使用済 返信部 独鉄郵印MAGDEBURUG-HANNOVER

1811

このパートは余計な解説は要らないでしょう。見たままの情報が全てです。

IJSEAPOSTは、ハワイが出て、アフリカが来れば次は鹿島でしょうか?

116回フロアセールのご案内

オークション誌は本日校了になりました。本の納品は2月3日で、2月4日に発送です。新型コロナの状況が不透明では有りますが、2月21日の東京の下見会、27日~28日のフロアセールと66回大阪駅前第三ビルバザールは予定通りに開催いたします。

やっと少し時間が出来ましたので、フロアセールの出品物の前宣伝をして見ます。全くの偶然ですが、複数の方からのご出品で、何故かテーマ的に重なってくるものが有るのです。今回の場合は、検閲封緘紙、日清戦争の軍事郵便などが、3~4名の方から来ています。こちらは掲載箇所がバラバラです。別口の明らかにコレクションからという物では、山東省の消印を主体にした郵便史、北陸線の鉄道郵便などは、オークション誌の編集に際しては、時系列に綺麗に並べて見易くしますが、複数の方からのご出品の場合はそういう訳には行きません。弊社の編集のテクニックではテーマ重視の並べ替えは出来ないのです。

お遊びで、幾つかのテーマで目玉を並べて見たのです。次回から8分割でお見せして行きましょう。

⓵鉄郵印と船内印・⓶手紙が重要・⓷検閲封緘紙・⓸越後国の不統一・⓹中国と宛先と・⓺日付と文献上の記載ミス・⓻目から鱗・⑧これは何?がテーマです。

何れも、記事も最低値もオークショニアご一任なので、やりたいようにやってます。図版をとくとご覧いただきたいマテリアルを選びました。オークシニアからビッダーへの挑戦でも有るのです。

11月7日・8日 東京都立産業貿易センター台東館5階にて

JAPEX2020の準備が完了致しました。本日正午でメールビッドを締め切り、今回は420名からのご応札を頂きました。毎年の事ながら、JAPEXセールはフロアのみで、ロット数も平常よりは少ない為、メールの人数は若干控えめになるのです。それに弊社のオークションでは、常にメールセールにしかビッドしないポリシーの方も少なからずおられます。東京セールのフロアでの競りはご参加数も多く、雰囲気故に平常よりも盛り上がるので、落札結果とすればエアーポケットに入ったような抜け目はないでしょう。高額品の目玉で、【落としに行くよ】の宣言を複数の人から頂いている物でも、現時点でノービッドも結構有ります。オークショニアの好みで贅沢に選び抜いた表紙ですら、現在ビッドが入っている物は銘付の2点と無目打エラーの横ペアの3点だけ、それ以外の6点はフロア待ちの風情です。物は抜群に良い物ですし、私が付けた最低値なのでまさか不落にはならないことを望んでいます。数年来のお待たせ品のラストロット、【乃木2銭貼の盲人用点字アメリカ宛】は、昨日の時点ではビッドが無く、それでも今日だけで一気に3人から札が来ました。上位のお二人は接近した値段で、2番値の一声上のスタート値も私が落札値として期待したくらいの数字になっています。でもこれですら、場で更に動くと思います。会場の使用時間が5時までなので、蛍の光を聞きながらのラストロットのコールになるのかな。わくわく・ドキドキの人たちが何人残って見てくれているのでしょうか。当然ながら場に来られる方のメールビッドは有りません。オークションとすれば、大阪でも東京でも、構成の面子は完全に一致しているので、足して引いてで同じ事になるのです。あくまでJAPEXセールの、メール締めの時点でのデータを少し書いて置きましょう。出品点数1980ロット、ビッドが有った物は1257ロット、ビッド率は63.48%、この時点で締め切りならハンマープライス合計は57,622,050円です。因みにスタート値(ビッド有りの物は2番札の一刻み上または1番札・ビッド無は最低値)の合計は87,883,050円、最低値合計が68,365,900円なので、その差額のメールビッドで19,517,150円伸びているのです。ビッドが有ったロットの1番札の合計は78,922,150円なので、セール終了時のハンマープライス(手数料除く)の目標とすればここらあたりが目途になるのです。メール締めでの入札有りが63.48%ということは、場で1割は伸びるので70%が見込めます。不落の残品売りで2~3%+、久しぶりで73%+-を期待しているのですが、さあどうなるでしょうか。今回の場合は、オークションで頑張ってくれていた一流の方たちの、核になるコレクションがメインだし、当然ながら最低値は一任なので売れるマテリアル限定のセールなので、売れない方が不思議なのです。でもこの贅沢は数年に一度しかやれないのが実情です。オークションは1回ごとに厳しい波に晒されているのです。今回だけでも20年前のビッドが1000人近くいた時の雰囲気に戻れば良いと思っています。見果てぬ夢かも知れません。

残念なお知らせが有るのです。Lot1186 透かし無30円貼3倍重量便封書年賀 櫛型米沢28.1.1富士山 をW.D.に致します。具体的な現物の取引のコアな情報はまだ全部は手にしてないのですが、起点は件のヤフオクでしょう。ヒントを貰って精査した結果、2印の内の上側の印顆を偽物だと判断しました。裏に封緘印が有る事から第1種便の封書年賀だと思います。封書年賀でも第一種の3倍重量は冷静に見れば無理筋です。基本料金で0付壁画10円を貼っていたのでしょう。2個印の内の下側は本物だと思います。切手が傷だったどうかは分からないのですが、元から貼ってあった切手を剥がして配達夫30円を貼って、3倍重量に見せて偽印を押したのでしょう。下側印顆の【米】の上の切手部の印色が他と違っています。そして2印を比較すれば文字の細部が異なります。印顆の押し方の強弱に所以するものでなく、本質的な図案の相違です。同一性を疑って、【米沢】を1ミリ刻みで調べれば、細部での相違が判ります。この件に関してはすっかり忘れていたし、終わった話かと思っていた亡霊が、善意の数人の手を経てまたもや出て来てしまったのです。今回のケースは、比較対照が出来る情報が十分なので、2印が同一でないという事実で、真正品でないという結論になります。疑って見れば見抜けます。でも単独のマテリアルならこの結論には達せません。インキの成分分析はこのアイテムには使えません。今書けることはこれが限度です。悪意で作った人物は、ここまでの技術を有していることを改めて認識した次第です。前所有者もこのリスクを百もご承知で色んな情報を得られるし、物には極めて厳しい人なので注意深く見たはずですが、希少性とルックスに惚れてしまってスルーしてしまったのでしょうか。そのことは誰も責められません。

20201106-000120201106-0003

スタート値をご覧いただければ判りますが、売れて然るべき大物で、ノービッドが結構有るのです。満を持してのフロアご参加予定中なので、メールでビッドを入れていないと信じましょう。札が入った物でも、まだまだ本当の勝負はこれからでしょう。代行札も含めて百数十名の本気のビッドが来るはずです。フロアは8日の日曜日ですが、【7日の土曜日】は台東館の会場で1日中下見が可能です。主催者の公益財団法人日本郵趣協会様のご厚意で例年よりも遙かに広い会場での開催になりました。定員では300人強の会場です。COVID19対策でのディスタンスも十分に取れるのです。この下見会場にて【7日(土)1日限り】で即売会を開催いたします。会場の広さに甘えて、段ボール90箱の商品を展開致します。エンタ類もそうですが、FDC、記念切手の額面売り他も半端でないボリュムを持って来ています。10時~17時までたっぷり遊んでいただけます。是非お越しください。1年に1日だけのチャンスですから。