ブログ アーカイブ

『スタンプショウ=ヒロシマ ’18 ドラフト ルール説明』

『スタンプショウ=ヒロシマ ’18 ドラフト ルール説明』

今年も6月17日(土)に、広島県立産業会館東館に弊社がブースを出展、会場にて、日本関連の郵趣品、200点を「ドラフトシステム」にて販売いたします。

(90%以上は、今回が初お目見えで、全て消費税込みの値段を明示した即売品です。)

販売は、直接会場にご来場の方に限ります。当日の10時10分頃から正午まで、エントリーを受付、エントリーシートにて、ご希望品を「指名」していただきます。

まず、エントリーの際に、抽選箱から、エントリーシート投票用紙を引いていただきます。「あ〜ん、A〜Z」の記号の書いたエントリーシートが抽選箱に入っています。一つの記号に対し1〜10の番号入り「あ1、あ2、・・・あ10」(ご希望によりそれ以上も可)をお渡しします。展示しております200点の商品の内、ご希望品ごとに1枚の用紙を使ってください、優先順位の高い物から若い番号にご記入下さい。投票締め切りは13時00分になります。

投票を開き、各ロットごとに集計します。投票がお一人の場合は、無競争でその方にお買い求めいただけます。投票の順位(番号)は無関係です。もし、特定のロットに複数の投票が入った場合は、①投票用紙の番号が若い方を優先します。1>2>3・・・>10になります。②同じ順位で複数の札が重複した場合は、若い記号が優先です。あ>い>う・・・・>A・・・>Zになります。

優先順位は記号が優先されますので、「あ」を引いた方の1位は100%のパワーですが、「あ」の2位よりも、「Z」の1位の方が強いのです。他のメンバーの投票行動を読んで、賢く投票して下さい。

10時〜13時00分まで下見可能です。

今までの実績では、200点のエントリー品のうち、約半数が指名を受けており、上位指名はかなりの確率で重複します。1位〜3位あたりは本筋から外した物のほうが買える確率が高くなります。また、記号が遅い場合は1位チョイスでも安全ではありません。弊社は当ドラフト200点=即売品の抽選の結果には何らの特別な意思も反映させませんので、是非、当日ご参加の上、運と頭を使ってチャレンジして下さい。残品は、投票後、発表の値段で先着順に販売いたします。

商品のお渡しは、14時30分より、行います。

ジャパン・スタンプ商会会員様は、現品先渡し、口座通し、後日送金にて結構です。

200点の画像は、準備でき次第順次、当ブログに掲載します。

 

第2次世界遺産 第5集の使用済

オランダのオークションで面白い物を見つけました。「高山寺 表参道」の裏焼きの使用済です。図案を左右ひっくり返すのでなく、額面文字の位置が右が正・左が裏です。2001年11月に話題になり、刷りなおして再発売になったものです。「みほん」は裏焼きで当初に局に配布された物の内、ごく少数が回収漏れでマーケットに出て、弊社でも2~3回は扱いました。15万ぐらいだったと思います。裏焼きのみほんも、通達を出して回収して、改めて正規の物を配布、だから正焼のみほんも当然有るのです。未使用は完全に回収して(或は配給前だったかも)刷りなおして、発売も翌月になりました。今となっては、ここらの経緯はオボロゲ記憶なのですが、未使用の裏焼きが、10数シート北関東の某局で売られたと聞いた覚えが有るのです。少なくとも、弊社では未使用と使用済は扱ったことは有りません。

20180602_001オークションの記事には、Mi3295Vとして出品されているので、ミッヘルカタログにはエラーとして出ているのでしょうが、弊社の手元に置いていないので幾らの評価かは分かりません。オークションの参考値=実質的な最低値は1500ユーロなので、20万円位でしょうか。正に裏焼きで、使用済なのは確かですが、機械の波だけなので局名は不明です。締め切りは6月16日なので、興味が有る方はご連絡ください。エージェントを立てて、代行も可能です。このオークションハウスとは、昔から相性が良くて、「書き十の東京ボタ贈呈消」、「U小5銭の横班粗紙木綿岡山ボタを5~6枚」を買ったことが有るし、プライベートディールでの付き合いも有るのです。さあ。どういう結果になるでしょうか。

日本郵便料金大系

前回に書いた、alternate useのカバーをお見せしましょう。前島15銭が適正期の飛燕5銭3枚貼、ゼロ付前島1円が適正期の、2新昭50銭ペア貼と1円貼。厳格に突き詰めた郵便史でなく、トラッドで切手の盲人用4種便使用として見せるのなら十分だと思います。ルックスが良いですから。

2018052501

乃木2銭のアルバムは2冊有りました。ゲーベルのブックに入っていたエンタを見て、思わず料金表を調べたのです。日専等の基本のチャートにも載っているけれど、誰も気に掛けず、そんな使用例が有るとは想像が出来なかったカバーです。外信便の盲人用点字印刷物=点字文はUPU規定でも印刷物で通ります。昭和12年4月1日ー20年3月31日なら、1kgまで毎で2銭です。適正切手は乃木2銭。有ると思って探したのでなく、物が目に飛び込んで来たので、まさかと思って調べたのです。文句なしのマテリアルです。

2018052502

2018052503

もう1点は、現行のCTOの山に埋もれていた1枚のメモでした。「現行党必見!! 聴覚障害者用小包」。この人のコレクションの場合、「資料が有れば物が有る」。例外は皆無です。だから探しました。郵頼戻しのカバーの束から葉書が数枚出て来ました。改めて、鳴美の大冊をめくったら、しっかり出ていました。説明はパンフを読めば一目瞭然。でもこのメモの筆者がどなたかは判りません。

2018052504

2018052505

第4種盲人用点字

今回の100冊のコレクションに於いては、基本的に1次昭和以降なので、昭和12年5月10日以前の物は皆無です。場違いな竜48文が1枚だけ有りました。新しいところも、概ねゼロ付までと言って良いでしょう。R字入り以降は5~6年前に弊社のオークションで処分済みです。

昭和12年~27年に拘って、有るべきはずの盲人用点字を調べてみました。ベンチマークは、Star Auction No37、2016年12月4日開催のカタログを参考にしました。料金体系は別表の通りです。

20180524_001

これにクロスして、切手にフォーカスした適正期間をリストにしたのです。単貼の適正切手・適正期間=料金合致で次シリーズ発行前が今回のコレクションのアイテムのデータの並びです。コレクションは、基本的に1額面ボストーク1冊です。整理の仕方が統一されているので、ターゲットを絞れば、探したいものは簡単に見つかるのです。10冊のアルバムから、第4種点字を狙い撃ちして抜きました。全くストレスフリーに見つかったのです。

①1次昭和5厘 12.11.1-17.3.31  大河原欽吾宛   高松13.2.27     適正

20180524_002

②1次昭和1銭 17.4.1-17.12.31  佐藤淳宛     熱海17.11.27     適正

20180524_003

③2次昭和1銭 18.1.1-20.3.31  西村三吉宛    伊豆長岡19.9.7    適正

20180524_004

④2次昭和3銭 20.4.1-20.8月頃  村谷昌弘宛    箱根湯本20.8.14   盾3銭発行前なら適正・多分大丈夫でしょう。

20180524_005

⑤3次昭和3銭 20.8月頃-21.7.24  幣原喜重郎宛 失明軍人発 鬼石21.3.5 適正 点字書状+読み下し文付き

20180524_006

⑥3次昭和5銭 21.7.25-22.3.31  村谷昌弘宛   阿倍野21.10.23    適正

20180524_007

⑦1新昭15銭  22.4.1-23.6.30  尾関君宛    長野23.6.29     適正

20180524_008

⑧2新昭50銭  23.7.1-24.3.30  村谷昌弘宛   西陣23.12.19     適正

20180524_009

⑨無透80銭   26.5.21-26.10.31  大河原欽吾宛  局不明26.8.20    何とも言い難し・惜しい!!!

20180524_010

⑩無透1円    26.11.1-27.8.10 大河原欽吾宛  小石川28.11.20    後期使用 パーフェクトならず

20180524_011

郵趣用語でalternate useというのが有るのです。代用使用です。点字便では、2昭3銭が適正の時の2昭1銭3枚貼、2新昭50銭が適正の時の、3次昭和50銭貼といったケースです。やむを得ないケースも多いのですが、一流のコレクションを目指す場合は、これすら排除すべく努力するのです。カバーとしてのルックス、消印可読に拘って、明らかにバージョンアップを図られていました。コレクターとしての真摯さ見て取れるのです。お金で買える物だけで満足してはこの並びにはなりません。点字便の場合は、コレスポンデンス=同一の宛名便と中身付きが好ましいのですが、このポイントでも条件は満たされています。切手の後使いや、複数貼りを排除した完璧な適正使用例に拘られていたのでしょう。⑩の無透1円だけは残念ながら次のシリーズの発行後になりました。あとの物は貶しようが有りません。。買わない理由が見つからないマテリアルです。オークショニアとしては最高に贅沢な仕事をさせて貰っています。ここからはみ出た物は、勿論たくさんあるし、単貼りでない1種多数貼などは、捻り方次第で珍品に出世するでしょう。次回は、もっと衝撃的な物を見せましょう。2点共、料金表には出ているのですが、無い物と思われていたものなのです。乃木バカくん、元気になってくれるかな。

deja-vu

懐かしく思えるマテリアル群です。何時か見たことが有り、ぼやっと頭に残っています。自分が扱った物と、物が動いた時の姦しい騒動を思い起こすのです。今となれば、物の素性をとやかく言う人はいないでしょう。みんないい物だと思います。これが一か所に有るという事に感動しています。今回の紹介品は見覚えが有る物ばかりです。これ以外にも、見慣れぬもので、多分、同類と思しきものがやたらと目に付いているのです。色んな個所に散っているので、とても全部は見切れません。エッセイ・プルーフ・アーカイブ・・、まさか単なる写真だと思って、見落したり捨てることは無いと思います。メモと資料が結構セットになっていますから。

deja-vu_ページ_1_画像_0001deja-vu_ページ_2_画像_0001deja-vu_ページ_3_画像_0001deja-vu_ページ_4_画像_0001deja-vu_ページ_5_画像_0001deja-vu_ページ_6_画像_0001

2次昭和27銭靖国神社 適正使用

20年2月2日~3月31日の第1種7銭、書留・速達が各20銭時代の使用例です。文句なしの適正使用が5点揃いました。裏に書かれている、お値段を論じるのは野暮、オークショニアとすれば並べ順を考えるのです。他の額面も基本的にこんな感じで揃っています。眺めていても飽きが来ないコレクションです。

20180519_0120180519_0220180519_0320180519_0420180519_05

10点の灰勅目打ち有りエンタ

今回のコレクション、全体で段ボール29箱です。それ程のボリュームでは無いのです。文献や雑品が9箱、これは粗方分類できました。文献は、要る物だけが残っていたのです。黒いボストークアルバムが、ぼぼ200冊、丁度半分が超現行のCTOです。リーフにギッシリ貼りなので、額面で幾らになるのでしょうか。業者が作った物や、消印グループ製もかなりあるのですが、ご本人の郵頼品も半端でないぐらい有りました。花貝文化財以降の普通切手は勿論ですが、干支・グリーティング・シール・年賀がやたらと多いのです。特定のテーマへの拘りの強さが見て取れます。本体部分もほぼ100冊、シートファイル含めてですが。ざっと見ても、コレクターの執念というか、狙ったテーマへの拘りが半端では有りません。

昭和切手のシートは、北海道の前原松夫さんから、昭和57年に大きいロットを買われています。明細も残っています。戦後では塔30銭はかなりのレベルです。昭和切手を台にした暫定沖縄は、伊吹コレクションが目立ちました。南方は、プラーベートのオファーで買った、ミロ・デビット・ロウエルのカバーが光っています。全般的に、エンタで目を引いたのが、盲人用点字、有るかな?で探した物は、皆有ったし、目を疑った物も入っています。戦前の外信便・中身付きです。郵便料金表には出ていますが、収集テーマとしては、一般的には無視されています。無いと考えて当たり前だったのです。これは多分、発表をされていないと思います。少なくとも私は知りませんでしたから。未使用の製造面では、能面50円、思わずワンフレの作品を作りたくなりました。エンタでは、靖国27銭と勅額10銭、その一端をお見せしましょう。特に灰勅に関しては、オフカバーの使用済と、未使用での製造面のバラエティーも充実しています。関連資料が見やすい形でくっついているので、分類の助けになるのです。じっくり勉強しながらオークションの出品記事に生かしたいと思います。灰勅のエンタ10点、重品はゼロなのです。

2018051801201805180220180518032018051804201805180520180518062018051807201805180820180518092018051810

無目打エラー 2次新昭和

2次新昭和とすれば、多分、これが考えられるベストでしょう。螺鈿の2種は、お値段もそうですが、お買いになったプロセスが中々に面白いのです。書くとちょっと差しさわりが有るのですが。45銭も良い物ですが、残っている数からして、昭和48年の3月の150万はご立派です。

20180516103625_001

捕鯨の田型の使用済は、何度か出品して、やっと収まった物。単片の私製目打も達者なディーラーさんが見つけたものです。オークショニアレポートに書くか止めるかは、終わった瞬間に考えましょう。

20180516103625_002

逆抜櫛型

何れも、カタログの評価を超えたマテリアルです。乃木の平台のそれは、現存1点のシートを分割したもので、勿論最大ブロックです。大冊の昭和切手専門カタログの評価は上下田型揃いで150万円になっています。評価者は、乃木バカ先生でしょうか。今回の物は12枚ブロックなので、単純計算で3倍、銘付のプレミアムをオンすれば500万かな?誰が買ってくれるのでしょうか。

20180512160412_000

数字の1.5円の逆櫛(横抜)も最大ブロックでしょう。日本普通切手専門カタログでは、大人しい値段ですが、とてもその数字では収まりません。理想のルックスのマテリアルです。

20180512160412_003

能面50円は、上記カタログでは、「306vaの逆抜櫛型目打は銘付田型が1点確認」になっていて➉銘田型で20万円の評価です。でもこれはちょっとお気の毒、3点存在の右書き印刷局⑦は、偶然にも、縁有って結構私が関わっていて、現状では最終所有者に収めているのですが、大雑把な評価では綺麗な田型で300万円です。こちらは、テレビの鑑定に奥様がご出演、評価もほぼその数字だったと思います。この放映の際に、切手部門のプロデューサーさんは、右書の印刷局を出すか、「逆櫛印刷局」を出すかを迷ったと聞きました。鑑定者=疾風さんの値付けを逆読みして、取引実績が明瞭な物にしたそうです。私の好みとしては、このマテリアルは是非とも同じオークションで2点並べて売りたいのです。

20180512160412_004

 

他にも色々仕掛けられるので、オークショニアは楽しい時を過ごせそうです。まだ全く絵を書いてはいませんが。